MENU

思春期ニキビの原因はストレスなど様々

思春期ニキビ,原因,おでこ

思春期ニキビの原因となるのは、成長ホルモンの分泌により、皮脂腺が刺激された事によって起きる、皮脂の過剰分泌です。

 

過剰分泌した皮脂が毛穴に詰まり、角栓になり、そこにアクネ菌等の細菌が繁殖すると炎症を起こす事になります。

 

ただ、成長ホルモンは成長をしていく上で欠かせない為、その分泌を抑える事は出来ません。
そんな思春期ニキビには、成長ホルモンの影響以外にも、いくつかの原因が考えられます。

 

それが、

  • 日常のストレスや睡眠不足
  • 栄養の偏った食生活
  • 日常的に浴びる紫外線

等です。

思春期ニキビができやすい原因

ストレスが多い生活をしていると、それによってもホルモンバランスが乱れ、皮脂が過剰分泌しやすくなります。
ですから、日常のストレスを減らしていく事も大切です。

 

更に、
・肌細胞を作る為に必要なタンパク質やビタミンが多く含まれた食べ物をしっかりと食べていない
・睡眠不足の状態が続いている

という場合は、新陳代謝に影響が出てしまい、ニキビが出来やすい状態になります。

 

そして、紫外線のダメージもまた、肌には良くありません。

 

ですから、こうした思春期ニキビが起きやすくなる原因に心当たりがある場合は、まずそれらを改善していく事も大切です。
それにより、思春期ニキビに悩まされにくい状態を作れます。


思春期ニキビの予防方法は質のよい食事と睡眠

思春期はニキビができやすい時期ですが、予防することで綺麗な肌を保つことができます。
予防方法として、まず、気を付けたいのが食事です。

 

NGな食べ物

思春期ニキビにとって大敵な食べ物が、甘い物や油っこい食べ物です。
このくらいの年代ですと食べたくなるものではないでしょうか。

 

チョコやケーキなどの甘い物に入っている、動物性脂肪分は身体の中に脂肪分を溜めてしまうのでニキビになりやすくなってしまいます。
また、ポテトチップスなどのスナック菓子や唐揚げ、コロッケなどの揚げ物は過剰な皮脂の分泌を促進してしまうのであまり食べすぎないようにしましょう。

 

摂るべき食べ物

反対に、思春期ニキビを予防するために積極的に摂りたい食べ物はビタミン系が沢山含まれている野菜や果物です。

 

ビタミンはお肌の皮膚細胞の代謝をよくする働きがあり、再生や修復を促してくれます。
食べる時は、加熱によってビタミンを損なわないようにサラダやスムージーなど生で食べることをオススメします。

 

質の良い睡眠

そして、質良い睡眠も大切です。睡眠にはお肌を修復する役割があるのです。
特に眠りに入った後の3時間は成長ホルモンの分泌が盛んになるのでお肌の修復力が高くなり、ニキビを修復してくれて予防もしてくれるのです。

思春期ニキビの治し方をお伝えします

思春期ニキビは、過剰な皮脂の分泌が原因で、それが毛穴を塞ぐことによって、引き起こされます。
青春のシンボルなどと言われますが、当人としては、とても悩ましいものです。

 

思春期ニキビの治し方ですが、まず、ニキビが出来てしまったら、顔を清潔に保つためにも、洗顔を行うことです。

 

皮膚への刺激が出来るだけ少ない洗顔料を使うと良いでしょう。
炎症がひどい場合は、水洗いでも良いです。

 

洗顔後は、化粧水で保湿することを忘れず、その後、ニキビ治療薬を塗布します。

ニキビ治療薬が一番の近道
ニキビ治療薬の種類と購入方法

ニキビ治療薬には、市販のものと、病院を受診して薬局でもらうものの2通りがあります。
薬を急いで使用したい場合は、薬局やドラッグストアでニキビ治療薬を購入すると良いでしょう。

 

種類は、中に含まれる抗生物質によっても様々なので、薬剤師に選んでもらい、自分に合いそうな薬剤を探します。
もし、市販の薬剤を塗布しても治らないような場合は、皮膚科を受診し、病院から薬剤を処方してもらうのが良いです。

 

病院で処方される薬剤は、やはり効果が高いです。

 

普段の生活で気をつけること

普段の生活で、薬剤の使用以外に気をつけることは、

  1. 脂取り紙などで皮膚の余分な皮脂を取り除き、出来るだけ清潔にしておくようにすること
  2. 紫外線をなるべく避けるように帽子や日傘を使う

など、外出時の工夫も必要です。

おでこにできる思春期ニキビの原因とは

思春期ニキビ,原因,おでこ

おでこにできる思春期ニキビは、皮脂の過剰分泌が原因です。

思春期はホルモンのバランスが乱れがちなので、皮脂の分泌が活発になり、皮脂腺が多く存在する顔にたくさんのニキビが発生することがあります。

 

また、おでこに前髪をたらすヘアスタイルにしている方は、髪をツヤツヤに保つトリートメント剤やスタイリング剤にはコーティング剤が入ってます。
そのコーティング剤が付いた髪の毛がおでこに触れることで、毛穴をつめてしまいニキビの炎症が起こります。

 

思春期ニキビを減らすために

 

思春期ニキビを改善するには、睡眠時間を十分に取り、バランスの良い食事を心がけるようにしましょう。
ビタミンが豊富に含まれる野菜や果物中心に献立がおすすめです。

 

前髪をあげたヘアスタイルにして、よく洗うことも大切です。
ニキビに触ったり潰したりしないように気を付けましょう。

 

洗顔にはニキビ肌専用の洗顔料を使用して、泡立てネットなどでふわふわに泡立てると良いです。
ふわふわの泡で毛穴の中まで綺麗に洗うようにすると、やさしく毛穴につまった汚れを落とすことができます。

思春期ニキビである鼻ニキビの原因と、イチゴ鼻の予防と改善について

思春期ニキビ,原因,おでこ

思春期ニキビは、思春期頃に起こるホルモンバランスの乱れが原因でできてしまうニキビのことです。

 

ホルモンの分泌が正常に戻ることで自然と改善されるニキビではありますが、その時にできてしまった鼻ニキビを放置してイチゴ鼻になってしまうと、改善するのが難しくなってしまいます。

 

そこで、イチゴ鼻の予防と改善について説明します。イチゴ鼻とは、鼻の毛穴が詰まって黒ずんでしまい、まるでイチゴのようになってしまった肌の状態を指します。毛穴が開き、そこに皮脂が詰まって酸化してしまうことが原因です。放置しておくと治すのが難しくなる上、どんどん悪化してしまうため早めの対処が必要です。

 

どうすれば予防、改善できるのかというと、まずは適切な洗顔を行うことです。

 

肌の黒ずみは、古い角質が肌に残り酸化してしまうことが原因です。そのため、きちんと洗顔を行い古い角質を除去し、肌のターンオーバーを促しましょう。とは言え洗顔のしすぎもよくありません。

 

洗顔は朝と晩に行い、強力な洗浄力の洗顔の使用は避けるようにすると良いでしょう。

思春期ニキビの中でもやっかいな背中ニキビ 原因と対策

思春期ニキビ,原因,おでこ

10代前半から後半まで、いわゆる思春期に発生するニキビのことを思春期ニキビと呼びます。

 

主な原因は皮脂の過剰分泌となるのですが、思春期は体の成長が著しく、成長ホルモンが多く分泌されるのです。
このことによって皮脂腺が刺激され分泌が促進されてしまうのですが、そのスピードに排出が追い付かなくなってしまうことで毛穴がつまり気味になってしまい、原因菌であるアクネ菌も増殖、ニキビができやすい状態となってしまうのです。

 

そして顔だけでなく、腕や胸背中といった汗腺が比較的多い部位でも思春期ニキビは多く発生します。

 

特に背中ニキビに関しては、角質が厚いこともあり一度できるとなかなか治らず悪化しやすい特徴があるだけでなく、衣服でこすれたり、寝る際などに誤ってつぶしてしまったりもするのです。

 

それでも発生を防いで悪化を予防するにはなるだけ刺激を与えないようにしたり、洗浄後はしっかりと石鹸やボディソープを洗い流して清潔を保ったり、また常に保湿を心掛けることが効果的となります。

[思春期ニキビを改善したい!]関連情報